スマホ向けMMORPGを特集!

RPG イザナギオンライン

RPG イザナギオンライン

外国人に紹介したいスマホゲーム、らしい

唐突だが、海外からみた日本とはどんなイメージが強いのかという質問をしたとしよう。勤勉、真面目、礼義正しい、社畜(!)などという言葉が飛び交うことになるかもしれないが、これはあくまで日本人というものがどんな存在なのかということだ。あくまで文化的な側面で日本に対してどんなイメージを持っているのか尋ねてみたとすると、必ずといっていいほど出てくる1つの答えが出てくる。それは『忍者』、かつて日本に存在した隠密行動を専門とした暗殺家に対して海外の人々はきわめて強い憧憬を抱いていることを知っている人も多いはずだ。中には日本人は全て忍者の末裔であると伝えると、本気で興奮する人もいるようだ。確かにアレだけ人間離れした身体能力を有していれば色々と便利だが、さすがに超常的な能力を発言できてしまったら、ある意味驚嘆過ぎる人間凶器だ。

実際問題、日本の文化の中でも忍者は本当にいるのかというのも話題に上がるほど海外の人々は忍者に対して強すぎるほどのイメージを持ちすぎているということだ。それらが本当に実現していたかどうかなどという話はこの際良いとしてもが、忍者に関するグッズや商品は日本フリークな人が買いこんで行くと言われている。そんな忍者をこよなく愛している外国人に送りたい、日本で開発されたスマホゲームがあることをご存知だろうか。その名も『RPG イザナギオンライン』というものだ。

こちらの作品は忍者をコンセプトにして考えられた作品で、スマホで忍者活劇を楽しむことが出来る。そんなイザナギオンラインについて、考察を加えながら話をしていこう。

イザナギオンラインの世界観

プレイヤーが忍者になってイザナギオンラインの世界を楽しむ事になるが、この世界では主にプレイヤー達は忍びとして様々な任務を請け負うことになる。忍者といえば影として活動することに特化していると想像すると思うが、このイザナギオンラインの中では魔獣などの危険な存在が闊歩している世界となっているため、容易に物資搬入などを行うことが出来なかった世界だった。常に危険と隣りあわせとなっているため、人々は忍者使いという特殊能力を有しているキャラたちと共に行動することで様々な任務に携わって行くことになる。

戦う忍者の姿を堪能することが出来るわけだが、勿論世界観として描かれている舞台なども見所となっている。ダークファンタジーな世界観となっているため、全体的にほの暗い感じとなっており、その世界観を更に陰鬱としたものへと黒く染め上げている。人によっては少しばかりきつい描写もみられるかもしれないが、外国の人達からすればかつて日本にはこんな風に忍者達は戦っていたのだろう、それもあくまで歴史の裏側で過酷な任務をこなしていったと想像するかもしれない。そもそも忍者が存在していたどうかという話をしたいわけではない。忍者という存在がこれほど苛烈な存在だったかどうかについてはこの際良いとしても、濃厚な世界をオンラインゲームとして楽しむことが出来るのは、やはり魅力的だ。

かけもち!オンラインゲームのすすめ!

忍者といっても種類がある

オンラインゲームの醍醐味の1つとしても数えられている独自のキャラを製作することが出来るというのがある、それはこのイザナギオンラインでも満喫することが出来る。キャラクターといってもこのキャラが良いという人もおり、またこのキャラで何とかゲームをクリアしてやると自分に難易度を化すこともできる。

イザナギオンラインではプレイヤーが選択することが出来るキャラクターの職業に関しては4つある。その4つとは

・アサシン:
手数とスピードで敵を翻弄する物理アタッカーとなっており、敵の動きを制限することが出来る補助スキルを覚えることも出来るため、万能型となっている。
・メイジ:
忍術という名の魔法を繰り出すことによって、圧倒的な破壊力で敵を殲滅することが出来るキャラで、耐久性こそ弱いが使い方次第で敵を簡単に殲滅することが出来る。
・クレック:
こちらもまた忍術という名の回復術式を行使することが出来る補助スキルを使用するキャラとなっているが、耐久性に強いことからクレック自らが前衛で闘うこともできいる
・ウォーリアー:
絶対的な耐久力を兼ね備えているキャラクターで、敵を攻撃を一手に受けることが出来るほど、耐久性に優れている。

忍者ゲームとして楽しむことが出来る仕上がりとなっているのは認めよう、ただ忍者の職業なのかと疑いたくなってしまう。そもそも忍者って職業じゃないのかと聞きたくなるが、そこはあえて忍者といっても得意分野と不得意分野があるといった感じでまとめておこう。

いずれにしても作品としては早い時期から注目されている、また事前登録そのものも本格的な配信サービスが開始される前よりずっと前から、忍者となって楽しむことが出来るスマホゲームとして看板を持つことになった。

ペットボトルでしませんッ!!!
[an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive]