スマホ向けMMORPGを特集!

注目が集まっている

注目が集まっている

アクションを採用したゲーム

オルクスオンラインが正式に情報解禁されたのも、こちらは今から2年前のことだ。当時から徐々にスマホゲーム市場という新たな事業価値が考えられている中で、オルクスオンラインは正統派MMORPG作品として、その一端をお披露目した。その頃はまだスマホ向けのMMORPGというのはかなり異色なカテゴリーだった、ましてスマホゲームで本格的なオンラインゲームを楽しむというのもそうだが、『ノンターゲッティング方式』の戦闘を採用しているというのも、その頃のスマホゲームの中では考えられなかったものだったと見て良いだろう。

オルクスオンラインが正式に情報解禁したのは2012年2月初旬のこと、そして正式にアプリゲームとしてリリースされたのはその年の12月という時間が掛けられている。それ以前の情報解禁前から製作されていた時間だけでも考えてみると、最低1年弱程度の時間はかけて作り上げた作品である事を予想できる。情報が知れ渡るようになってからは物面白さにためして見たいという人達も含め、手スターの募集を掛けるなど意欲を見せていった。ただMMORPGという枠にこだわり、スマホでそれを実現することが出来ると証明する為にはやはり並大抵の製作時間を要さないだろう。発表から10ヵ月後にリリースすることが出来たのは順当なペースといえる。イザナギオンラインの例で見ると本来のリリース予定から1年以上も遅れて開発が成功した作品とを比べれば、問題を最小限にして、最大限の技術でそれらを解消するのに成功した証だ。運営側の底知れぬ努力を知るが、それだけこの作品に掛ける意気込みを垣間見ることもできるという物だ。

分かりやすいゲーム性から評価は高い

2012年12月に正式リリースされたオルクスオンラインだが、ここからはダウンロード数といった話題こそ出ていないが、その数はリリースされて2年近い時間が経過している中で、約100万近いダウンロード数を記録している。先に紹介したイザナギオンラインなどと比べたら物足りない感が出てしまっている、けれどそれはそれだろう。ゲームをダウンロードしても、その後も熱心にプレイしている人の数という物は実のところダウンロード数とは反比例していると分析するべきだ。スマホゲームといっても、すべての人が持っていれば必ずゲームをしているわけでもない、またしていても途中で飽きてしまうといったことだって頻繁に起こるもの。ゲームなんて気の乗った時にするだけで十分だとする意見だって出てくるだろう、ともかくそこまで熱中するだけの魅力がある一方で、あまりに作りこまれすぎているため、それがどうしても物足りなさと継続していくという意志を促す材料にはなり得ないようだ。

だからこそシンプルなゲーム制を採用することで、本当にちょこっとプレイすることに意味があるという風にスマホゲームという、これから先のゲームのあり方なのかもしれない。ではそうした価値観が渦巻く中でオルクスオンラインがどのように見られているのか分析すると、意外と一般ユーザーからの評判は中々高評価を得ている。

MMORPGというものを簡単だと解釈している人もいるかもしれないが、なれていない人にとってみれば難しく感じることもある。ブラウザゲームともなればマウスだけ動かしていれば良いというわけではない、基本パソコンでするオンラインゲームというものはキーボードを使用して進行して行くもの。通常のコンシューマゲームとの違いはそこだ、そのため操作手順からまずキチンと出来ていないと不便を要することになる。

それがスマホになればタッチパネルを利用したものとなり、チャットをするにしても、戦闘をするにしても操作はそこまで複雑ではない。ゲーム性にしてもクエストを受けてクリアして、報酬などを受け取り、それを繰り返していくことで様々な場所を冒険することにこのゲームの面白さが込められている。そこを実感することが出来れば楽しく感じられるが、気付いているユーザーはそれなりに多いようだ。

かけもち!オンラインゲームのすすめ!

スマホゲームの良いところ

スマホゲームが今後益々その市場を大きくなって行くことが期待されているが、成長をし続ける事は勿論だが1つのコンテンツが非常に長く好かれる作品として確率されることもある。その良さこそパソコンやスマホなどの良いところだろう。最近ではコンシューマゲームもオンライン対応型のものが出てきたところを見ると、前々から検討されていたことなのかもしれないが、ゲームデータを最新のものにアップグレードすることだ。これによりそれまで見られていた不具合を修正したり、また新しい機能を搭載するなどの更新をすることが出来る。パソコンのプログラム更新と同じようなものだと考えてもらえばいいだろう、スマホゲームの場合いまや誰もが日常茶飯事といわんばかりに常に様々なゲームをプレイしているものだ。するとプレイしていれば当然、ありえないようなところでバグが発生するといったトラブルに遭遇することも良くあること。スマホゲームをしているとそうした問題に立ち尽くすことになることもあるが、そうしたときユーザーから指摘を受けて初めてゲームに不具合が生じていることに気付く運営もいる。

運営も常にゲームの監視ばかりしているわけではない、それこそ一般企業と同じように会社として片付けなければならない仕事も同時進行で片付けていかなければならない。ユーザーが毎日熱心にゲームをすることで見つけられるトラブルも、修正を加えつつさらに新しいバージョンへと進化させていくことも可能。ゲームといっても人間が製作しているため、どうしても予測不可能なトラブルに巻き込まれてしまうケースは存在する、その規模が大きければ大きいほど修正にも時間は掛かる。

MMORPGともなれば多くのユーザーが一斉にアクセスしてゲームを楽しんでいる、するとその負荷に耐えられずプログラムが誤作動してしまい、本来起こらないはずの問題が生じることもある。予測不能すぎる展開に運営としてもできるなら穏便に進んでもらいたいと考えているかもしれないが、そうも行かないのが人生だ。そうした日々必ず発生する問題に対処しながらも、MMORPGを製作しているスマホゲームを管理している企業の戦いは続く。今後も益々新作ゲームなどが登場する中でどんな作品がヒットを記録するのか、業界はそんな動向も注目している。

ペットボトルでしませんッ!!!
[an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive]